オフィシャルTwitter

【nareluの日々・3】
生徒さんの1日をご紹介します②

こんにちは、nareluスタッフです。今日1月20日は「大寒」。1年で最も寒い時季となりました。引き続き体調に気をつけて、元気に過ごしていきたいですね。

前回から、nareluに通っている生徒さんの1日をお伝えしています。

今日ご紹介する花子さん(仮名)は、自閉症の9歳(小学3年生)の女の子。 「大好きな英語に楽しんで取り組みたい」と、月・水曜日の週2回、nareluに通っています。


15:30 教室に到着

15:35 宿題支援

学校帰り、ランドセルを背負ったまま教室に来てくれている花子さん。すぐに学校の宿題に取り組みます。

スタッフが側に付いて「今、こんなことを勉強しているんだね」「もう1回、教科書も見てみようか」と、学校での学習の進み具合を確認しながら進めます。

16:00 外国人講師による英語プログラム

“Hello!”

先生と花子さんの元気な挨拶でスタート! フラッシュカードを使って、動物や食べ物の名前を丁寧に発音していきます。

通い始めた頃は緊張している様子も見られましたが、今はとてもリラックスした表情。先生との会話も弾んでいます。 週2回の授業をとても楽しみにしている花子さん。今後は、アルファベットや物の名前を書く練習にも取り組む予定です。

16:45 おやつを食べながら休憩、自由遊び

スタッフとおやつを食べながらひと休み。

「今日のプログラムはどうだった?」「英語でどんなことを話せるようになりたい?」など、おしゃべりを楽しみます。 自由遊びでは、同じ時間に通っている顔なじみの生徒さんやスタッフと一緒に、本を読んだり、お絵かきをしたり、好きなことをして過ごしてもらっています。

17:15 終わりの会

帰る準備をし、挨拶をして終了です。

保護者様には、今日の花子さんの様子を連絡帳で詳しくお伝えしています。英語講師からのフィードバックはもちろん、宿題をしていて気になったことや自由時間に花子さんが熱心に読んでいた本など、ご家庭でも話題にしていただけるような内容を心がけています。

17:30 帰宅


nareluでは、お子様ごとにオリジナルのプログラムをお作りしています。学習指導は、学校では対応が難しいマンツーマンのほか、お子様の成長に合わせて少人数・集団学習のスタイルも組み合わせながら行っています。

ご興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。 次回も、生徒さんの1日をお伝えする予定ですので、どうぞお楽しみに!

採用情報