オフィシャルTwitter

手作り療育おもちゃ

こんにちは(^○^)!

今回は手作りの療育おもちゃの一部を紹介したいと思います!

《ボタンつなぎ、スナップボタンつなぎ》

今回は2種類のボタンつなぎを作りました!

「お魚さん全部つなげるよう!」と言うと、

「できるよ♪」と自信満々の子どもたち。

1列につなげて…丸く輪っかにして…と、

楽しみながらボタンつなぎをしていました。

つなげることはスラスラとできるのですが

ボタンを外すのに苦戦…。

ボタンを持つ位置やコツなどを

一つひとつ伝えながら取り組んでいます!

普段の生活の中では洋服やズボンなどにボタンがあり、

なかなか1人では難しいお子様もおられると思います。

こうして遊びとして手先の運動を取り入れることで、

子ども自身にも自信がつき、

生活にも繋がっていくことをねらいとしています。

《色分け・数》

100円ショップで売っている製氷機とフェルトボールで、

色分けと数、手先の運動ができるものを作りました。

小さいお子様だと、

原色(赤・青・黄)などから始めると認識しやすいかもしれません☆

まずは、同じ色のお部屋にフェルトボールを入れることからスタートします。

「同じ色のところに入れるよ」、

「◯◯色だね」と声をかけながらすすめていくのがポイントです!

手先の運動では、

初めは指でつまんで入れる

→スプーンで一つずつすくって入れる

→ピンセット

→エジソンなどの補助付き箸

→お箸…のように順を追い、

お子様の発達具合に合わせてすすめていきます♪

数は「青は何個ある?」や、

「全部で何個ある?」などとお子様が自分で数えられるように

声をかけてすすめていきます!

以上、今回は2つの手作り療育おもちゃを

紹介しました(^○^)!!

楽しみながら遊び感覚で

手先の運動や色の識別、数の概念などが身につくので

子どもたちの負担もなくすすめられますよ☆

是非、皆さんも挑戦してみてください!!

採用情報